「カラテ」「テコンドー」大上會

ようこそ、大上會ホームページへ。
大上會は「人間形成」に主眼を置き、社会に貢献できる人材の育成を目指しております。
心、技、体、智、全ての要素を伸ばす一助となるべく、各個人の目的に合わせた適切な指導を心掛けております。
私自身、「学ぶことをやめたら、教えることをやめなければならない」という言葉をモットーとし、JOCナショナルコーチアカデミー正規修了、JOC専任コーチングディレクター就任、障害者スポーツ指導員資格認定等、指導者として指導力向上に日々努めております。
空手、テコンドー選手時代の国内における全日本大会、海外での国際大会等、またその舞台に立つまでの道程から学んだ多くの経験、そして日本代表コーチとして世界と勝負し続けた経験、そこで培ったエッセンスの全てを全力で皆様にお伝え致します。
また、柔道整復師の資格を有しますので、練習時の様々な外傷に対応致します。
さあ、はじめてみませんか。
一歩踏み出し、共に汗を流しましょう。
押忍!

大上會のコース

  • 「楽しく稽古」楽しく分かり易く指導し、空手の技を身に付けていきます。
    「礼儀礼節を身に付ける」礼儀礼節は人として全ての基本です。稽古の中で育てます。
    「強くなる」日々の稽古の中で心身を鍛え、その経験を自信に繋げていきます。
    「感謝の心を育む」稽古から共に仲間と成長すること、仲間の支え、家族の支えを理解し感謝の心を育みます。

    大上會空手

  • 「楽しく練習」楽しく練習をし、心身の発達を促進させます。
    「礼儀礼節を身に付ける」礼儀礼節は人として全ての基本です。練習の中で育てます。
    「オリンピックを目指す」テコンドー競技の最高峰オリンピックを目指します。
    「感謝の心を育む」練習から共に仲間と成長すること、仲間の支え、家族の支えを理解し感謝の心を育みます。

    大上會テコンドー

  • 大上會アウトドアコース意義。
    自然環境の変化や様々な人との関係において、視覚、聴覚、平衡覚、嗅覚、味覚、皮膚感覚、触覚、温覚、冷覚、筋覚、運動感覚、内臓感覚などの感覚器を十分に刺激させた直接体験を通じ、生体機能調節などの体の発達、感性や情緒的発達、精神発達を促すこと、また、自主性,協調性,社会性,創造力,忍耐力の育成を目的とします。

    大上會アウトドア